Taiwan Trip day3 小龍包レッスン + ...

a0259398_0534283.jpg

今回の旅のメインイベント、
點水樓(Dian shui lou)での小龍包料理教室にやって来ました。
私をとりこにした小龍包。
本場の作り方をマスターしてオウチ de 小龍包作れたらと。。。




Day3 AM10:30




日本語のレシピと日本語が流暢な女性のスタッフの方が通訳してくれるから
言葉は全く問題ありません。
皮の作り方から、包み方まで、丁寧にじっくりと教えてくれました。
a0259398_0534712.jpg






真剣に挑む友人。
a0259398_0535314.jpg






カメラ女子だから、作っては撮り、撮っては作りで忙しいのです。
a0259398_0535514.jpg




皮は周りは薄く、中央は厚めにと
麺棒を転がす力加減がとても難しくて、
包む工程においては、19ものヒダを作り
とじるのですが、ヒダの数が途中でカウント不能になったり、、
とじ目が分厚くなって不格好な仕上がりに。。。

a0259398_0535888.jpga0259398_0533495.jpg



(左:私、右:先生作)
小龍包、、、奥深いです。







小龍包が完成したら、
蒸し上げて、自作の小龍包と
お店で供される点心でランチタイム。

蒸し上がった小龍包が出てきました。
あれれ、不格好が様になって、
美味しそうに出来てるではありませんか!
(私思うに、、、裏で先生が手直ししたのではないかと?笑)
a0259398_054325.jpg
どれどれ。。。 と恐る恐る食べてみると、美味しい!!! 




点心はどれもベリウマで大満足。
それもそのはず、去年の台湾飲茶コンテストで
あの有名店を破り1位に輝いたお店なんです。
a0259398_0543062.jpg



、、、で、帰国後、早速、作ってみました。
その様子は、後日。。。





小龍包レッスンの後は、taxiで、迪化街へ。


a0259398_05462.jpga0259398_0534129.jpg

台湾で最も古い問屋街。
漢方薬、ドライフルーツ、
カラスミやフカヒレなど
高級食材のお店が
軒を連ねます。
ここで、ちょっとお買いもの♪







迪化街の一角、食器を主に扱うお店、民藝埕。
柳宗理など日本の作家さんのものもありました。
2階にはカフェもあります。
a0259398_0534528.jpg






a0259398_0534589.jpga0259398_0541335.jpg
奥へ進むと
オシャレな雑貨やさんも♪










そして、夕刻。
台北からバスで1時間。
九分へ。

映画 千と千尋の神隠し の街のモデルになった所です。
赤ちょうちんと石畳の階段、そして隙間なく立ち並ぶ茶藝館や飲食店。
映画で観た千と千尋の、、、そのもの!
a0259398_0535059.jpg






ゆっくりと階段を登りながら、
アチコチお店めぐりをしたかったのだけど、
生憎の雨。 しかも、滝のような雨。
歩くのもままならない雨に、茶藝館で雨宿りをしようにも、
どこも満席。みんな考えることは同じですね。
a0259398_0541631.jpg







ここ、九分は、一年の8割が雨なんだそうです。
a0259398_0535396.jpg

なにもかもびしょ濡れになって、
寒くてぶるぶる。。。

ホテルに戻り、あったかーいお風呂に入って、
taiwan trip3日目は、マッサージにも行かずにおやすみなさい。。。

夏の台湾で、ぶるぶる震えようとは、思いもよりませんでした。
[PR]
Commented by 小鉢 at 2013-09-16 16:33 x
小籠包はみんな爪がながいと怒られたね>_<
リベンジして皮問題を克服して美味しい小籠包を日本で食べたいf^_^;
Commented by pine-no-asioto at 2013-09-20 12:31
小鉢さん!

餡も生地の固さまではバッチリだから、
後は、成形だけだね~
小鉢ちゃんの彼(?)呼び寄せよう~♪笑
by pine-no-asioto | 2013-09-15 16:13 | ことりっぷ | Comments(2)

ジャックラッセルテリア・ ・ ・ pine のあしおとが聞こえる日々の暮らしのphoto diary.


by pine-no-asioto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30