<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

*** ようこそ、料理を楽しむ小さなアトリエへ ***
a0259398_21324319.jpg





その素敵なメッセージに誘われて、
フランス家庭料理のレッスンを受けてきました。

去年の秋に修行を終えてフランスから帰国したnaokoさん。
友人からnaokoさんの教室を教えていただきました。
a0259398_21315526.jpg




週末は家族や友人を招いて手作り料理でもてなすフランス。
この小さなアトリエはそんな和やかなプチパーティの雰囲気を感じる教室。
a0259398_2132126.jpg





楽しみながら次は自宅で作ってみたくなるシンプルなメニュー。
a0259398_21324852.jpg





材料もほとんどが家庭で普段使いのものばかり。
(レッスン後、買ったのはいいけど、2度と出番がない材料がないってことですね・笑)
a0259398_2132456.jpg





お喋りしながらも、みんなで作れば
あっという間に完成。
お料理を、CUISINE から salle à mangerへ運んで。
a0259398_21321649.jpg






a0259398_21321822.jpg






a0259398_21322358.jpg





Entrée アントレは、ツナと玉ねぎのケーキ。
ピーナツバター、マヨネーズを練り込んだ生地が美味しいの。
a0259398_21322960.jpg





Poisson ポワソンは、タラのソテー スープ仕立て。
フランスっぽく、サワークリームをたっぷりと。
a0259398_21323175.jpg




dessert は、ココナツ抹茶ゼリー。
京都・一保堂のお抹茶に、トッピングの餡子は、TORAYAのアンペースト。
a0259398_21323541.jpg





a0259398_21323715.jpg





フランスシックなおもてなしを目指して、
美味しいアトリエへ通ってみようかしら。。。
a0259398_21323862.jpg





■■■ La petite cuisine Nounours ■■■
   ラ プチ キュイジーヌ ヌヌルース
[PR]
by pine-no-asioto | 2013-06-19 22:42 | レッスン | Comments(8)

about 8 hours の京都巡り。

京都で迎えた朝。
朝のcoffeeは、駅内のカフェで。
ガラス越しの揺らぐ陽射しが心地いい。
今日もいいお天気です。
a0259398_2225014.jpg
あまりの心地良さにについつい長居してしまいそうだけど、残された時間は、8 hours.
Let's hurry up!





先ずは、京都タワーを目指します。
a0259398_2225869.jpg
いつもは、見上げるだけのタワー。
最近、昇れるということを知って、早速行ってみました。






展望室からの眺めは、碁盤の目の街並みがはっきり見て取れ、
360度、緑の山々に囲まれて、やはり盆地なんだなぁ~としみじみと実感。
a0259398_223214.jpg
ここから烏丸三条へ。



何度も訪れている京都。
今回は、買いたい!食べたい!を巡る旅にしようと計画しました。





その目的のshopへ向かいます。
その道すがら、京都文化博物館へ。
煉瓦造りのレトロな佇まいは、
旧日本銀行京都支店だった場所。
a0259398_22386.jpg






中へ入ってみると、館内に響き渡るピアノとテノールの歌声。
夕方に行われるコンサートのリハーサル中でした。
a0259398_2265977.jpg
もっと聴いていたかったなぁ、、、と後ろ髪引かれながらも
博物館を後にして、歩くこと数分、、、






ミントグリーンの扉が見えてきました。
「MarieBelle」 
その扉をくぐって長いアプローチを進むと
a0259398_2231862.jpg





そこには、アンティークと新しさが融合した異次元の空間が広がっておりました。
a0259398_2232452.jpg





お目当てのチョコを買って、
a0259398_2274143.jpg





カフェで take a break.
a0259398_2232524.jpg





錦市場へ。
美味しいものをアレコレ試食しながら、
お土産をたっぷり買い込んで。
a0259398_2235148.jpg








a0259398_224421.jpga0259398_224933.jpg
試食したばかりだというのに、
お昼ごはんは、
町屋割烹 美先さんで、
とろろ御膳を
ぺろりとたいらげて、





街中のビルの谷間に佇むお寺、六角堂へ。
青々と茂った柳や木々に囲まれて
夏の陽射しの中、清々しい風が通り抜けていました。
a0259398_2241537.jpg





それでも街中は気温30度。
すぐに喉がカラカラになってしまいます。
カフェを求めて歩いていると、
IYEMON SALON を発見。

a0259398_2241951.jpga0259398_22428100.jpg
迷わず中に入るも、かなりの待ち時間。
残された旅時間が僅かな私たちには、到底その時間は許されるはずもなく、
目に留まった茶器と煎茶を買って、SALONを後にしました。





そして辿り着いたのが、「前田珈琲明倫館」
ここは、閉校した明倫小学校の建物が京都芸術センターとして生まれ変わった時、
1階の教室の中にOPENしたカフェ。
食べたい!の計画に入っていたお店。
a0259398_2243859.jpg





クラスの表札には「カフェ」と書かれ
メニューは、出席簿のバインダー。
a0259398_2282517.jpg
この憎い演出、堪りませんね。



と、ここでタイムオーバー。
旅を振り返ると、碁盤の目のシンプルな街並みにもかかわらず
道に迷ったり、暑くて暑くて、カフェで飲んでる時間が多くて、
買いたい!があまり満たされていないような気がしますが、、
それも、全て楽しかった旅の想い出。



だって、、、また訪れればいいわけですからね。
a0259398_2244546.jpg


何度となく足を運んでも飽きさせることのない京都の街。
ふふ、きっと近いうちに、また訪れることでしょう。
[PR]
by pine-no-asioto | 2013-06-17 22:55 | ことりっぷ | Comments(4)

初夏の京都を訪ねて。

週末は、初夏の京都を旅して来ました。
a0259398_21364954.jpg





今回は、京都駅の南側の寺社仏閣を訪ねて。
世界遺産の東寺からスタートして、
a0259398_21365671.jpg





そこから、伏見稲荷大社へ。
a0259398_2137726.jpg
友人の装いが神社の色彩とオーバーラップ・笑
女三人寄れば、、、なんとやら。。。の三人旅。
姦しい女子達は、そんな些細なことも可笑しくて。





千本鳥居は鮮やかな朱色が視界いっぱいに広がり、
その間から射し込む光が揺らめいて
とても幻想的で美しいのです。
a0259398_21371243.jpg




異次元空間を出て、
祇園の街並みをそぞろ歩き、
a0259398_21372827.jpg




八坂神社を抜けて(ちゃんとおみくじも引いて♪)
脇道を暫く上がっていくと見えてきました。
a0259398_21373315.jpg





明治時代に建てられた洋館 長楽館。
a0259398_21373674.jpg




街なかにありながらも緑に囲まれた静かな場所。
優雅な佇まいは100年を経た今でも
華麗なる歴史の面影が残されています。
a0259398_21374176.jpg






a0259398_21374567.jpg






レトロで優美なステンドグラスのあるカフェで
a0259398_21375081.jpg






100年前にタイムスリップ。
a0259398_21375579.jpg





カフェを出て、鴨川沿いへ向かいます。 
小路を選んで、京都らしい佇まいを感じながら。
a0259398_21381100.jpg





目的地の寿ビルディングに到着。
minä perhonenの入っているレトロなビルです。
a0259398_2138105.jpg





1Fから4F、各フロアにshopがあり
a0259398_21373758.jpg





洋服から雑貨まで、ミナワールドをたっぷり堪能しました。
a0259398_21412713.jpga0259398_21452637.jpg
minä perhonen では galleriaのスタッフの方と話が弾んで、
どれだけ居たのでしょう。。。
あっという間に時間が過ぎて、
夕食の予約の時間が迫り、大慌てでミナを後にしました。




そこから歩いて5分。
IL GHIOTTONE CUCINERIA
a0259398_21491383.jpg





大きな窓一面に、鴨川の景色が広がります。
a0259398_21552214.jpg






a0259398_21562436.jpg






ワインでカンパーイ。
a0259398_2157372.jpg






a0259398_21573613.jpg






バーニャカウダにはアンチョビに加えて、旬の鮎がソースに入って、
ほんのり感じる苦味が美味しいの。
車鯛のカルパッチョには、パリパリに焼いた鱗をお花に見立てたデコレーション。
手の込んだ美味しいお料理に大満足。
a0259398_2158244.jpg




時間の経過とともに移り変わる鴨川の景色も楽しんで♪
a0259398_215840100.jpg





ご馳走様の後は、夏の風物詩・川床barでカクテルでも、、、と、
a0259398_21592294.jpg




ミナで教えていただいたお店へ行くも、満席でNG.
そこで店員さんにまたまた教えていただいて、
a0259398_2203280.jpg





2軒隣のSENT JAMES CLUBへ。
ようやく辿り着いた念願の川床bar。
そこは、キャンドルと鴨川に映るイルミネーションの灯りだけ。
a0259398_2213949.jpg




川面を渡る風が火照った体に心地いい。。
a0259398_2222432.jpg

飲んでお喋りして、、、あっという間に、京都の夜は更けて行くのでした。。。
[PR]
by pine-no-asioto | 2013-06-10 23:00 | ことりっぷ

潮風とOsampo.

on sunday afternoon.
a0259398_21205440.jpg
梅雨入り前にたっぷりosampo.
緑の公園で少し遊んで、beachへ。




a0259398_21205923.jpg






一匹とふたりのゆっくりosampoのはずが。。。
ついついお花たちに誘惑されてシャッターを押す私は置いてけぼり。。。
a0259398_2121462.jpg





a0259398_2121920.jpg






待ってーーー!と言いつつ、ついつい pasha pasha...
a0259398_21211363.jpg




あれ、、もうどこにも姿が見えない。



. . . . . . . . . . . ふふ、この足跡は!
a0259398_21212417.jpg








. . . . . . . . . . . 見っけ!
a0259398_21212731.jpg








初夏の陽射しは、パインを波打ち際へと誘い込む。。。
a0259398_21213385.jpg








クンクン。
潮風を感じながら、
a0259398_21215881.jpg








波と、、、そして海藻と戯れるパイン。
a0259398_21221168.jpg








磯の香りに誘われて
「これ、食べてもいいですか?」
a0259398_2121382.jpg
. . . . . . . . . . . . . .「 No! No! pine. 」笑






思いっきり遊んだら、
潮風と波の音をBGMに、take a break.
a0259398_2122329.jpg






顔を砂塗れにして、
初夏の海sampoを楽しんだパインなのです。。。
a0259398_21214273.jpg

[PR]
by pine-no-asioto | 2013-06-03 22:19 | osampo | Comments(12)

ジャックラッセルテリア・ ・ ・ pine のあしおとが聞こえる日々の暮らしのphoto diary.


by pine-no-asioto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30