Today's tea time.

今日は、更に気温が上昇して
なんと20度!

何を着て出かけよう?
洋服選びに困ってしまいました。

午前中の習い事を終えて
友人とランチして
先取りな春気分を味わおうと
街の中をぶらぶらお散歩。

お散歩の目的地は 数日前にOPENしたばかりの
GOOD DAY Chai Stand.
a0259398_21350587.jpg




2つの商店街の中間にあるので
ショッピングの途中の足休めに立ち寄るのもいいのかも。
a0259398_21363015.jpg



HUG mitten WORkS さんの
焼き菓子や、、、
a0259398_21485407.jpg



ベーグルサンドも充実していて
ランチを食べたばかりなのに
そそられるぅ~笑
a0259398_21492568.jpg


そこは、ぐっと我慢して
スパイスの効いたチャイのみをオーダー。
小雨が降りだしたので、
お店の中の小さなベンチに座って
アレコレお喋りしながらの tea time.


a0259398_21493604.jpg
お天気のいい日には
そそられたベーグルサンドとチャイを take out して
近くの公園でまったりとした時間を過ごしたいものです♪




[PR]
by pine-no-asioto | 2016-02-13 22:31 | おいしいもの

トルコのお茶時間

月に一度 訪れている お茶とお菓子の小さなアトリエ。
お茶のこと、そのお供となるスイーツを 同時に学ぶことが出来て
そして、ちぃ先生のオシャレな引き出しから
毎回スタイリッシュな設えのtableが 感動をもたらしてくれるのです。

今回のテーマは、トルコのお茶時間。
トルコの地中海に面したリゾート地 アンタルヤ在住の
先生のお姉さんとのコラボレッスンでした。

ウェルカムティーはもちろんチャイグラスで。
a0259398_22570423.jpg


お菓子は、ロクム、なつめやしなど トルコからのもの。
a0259398_22585012.jpg


小さなお皿にとって、
チャイとともにいただきます。
トルコのお菓子って
とっても甘いんですよね。
チャイがすすむこと!。。。おかわりしましたよ。
a0259398_22591189.jpg


本日のメニューは 黒板に書かれているんだけど、
トルコ語だから、読めません・笑
可愛い挿絵でなんとなく。。。
a0259398_22591920.jpg



トルコチャイは チャイダンルック という
2段式のやかんで淹れます。
a0259398_22594213.jpg



上の段で濃い紅茶を作って
下の段のお湯で好みの濃さにして飲むというもの。
a0259398_22595039.jpg




ウェルカムティーをいただいたら、
Let's cook!
Lahmacun(ラフマージュン)というトルコ風ピッツァ。
薄く伸ばした生地に トッピングは
挽肉と玉ねぎなどのお野菜とスパイス。
隠し味は、トルコのお母さんが長時間火にかけて作った
トマトペーストとパプリカペースト。
これらのペーストは濃厚で
赤味噌にも似たようなお味でした。
a0259398_23002629.jpg


Mercimek Koftesi(メルジメッキ キョフテス)
赤レンズ豆とひき割り小麦 ブルグルのおだんご。
おだんごを作るときに 指の模様を付けるのが
オシャレなんだとか♪
a0259398_23003574.jpg



ラフマージュン(ピザ)が焼きあがったら
トルコのお茶時間が始まります。
a0259398_23010204.jpg




ラフマージュン(ピザ)は、お野菜をのせて。
そしてレモン汁はマストだそうです。
a0259398_23010987.jpg



塩入ヨーグルトのアイランも 
トルコのお茶時間には欠かせません。
さっぱりと美味しい!

ざくろを煮出して作られたざくろソース。
ピザにかけたり、サラダにも。
この酸味がとっても美味しくて
かけすぎ注意です。
トルコのお母さんの手作りソースです。
a0259398_23011503.jpg





a0259398_23012352.jpg


食後のティータイムは、salep(サレップ)。
冬に飲む乳白色で甘くてとろみのあるホットドリンク。
野生の蘭科の球根からとった粉末で
有名なドンドルマ(のび~るアイス)と同じ原料なんだとか。
a0259398_23013155.jpg


とろみがあるので 冷めにくく
体が温まります。
シナモンパウダーをかけて。
a0259398_23013926.jpg


お茶時間には、
トルコの文化や人々の生活など
色んなお話も聞くことが出来ました。
a0259398_23030896.jpg

とても魅力的な場所。
いつか旅してみたくなりました。




[PR]
by pine-no-asioto | 2015-11-18 23:38 | レッスン | Comments(2)

笑顔の素!

今日は、紅茶好きの友人と
ゆっくり tea time.

お店、どこにする? 
お互いの気になるお店が同じでした。
a0259398_21561971.jpg







先月 OPEN したばかりの
Salon de Sucre さん。
白を基調に、テーマカラーのグリーンが
パキッと映えて、素敵な空間。
a0259398_21562224.jpg






お菓子の魔法を感じてほしいから。

、、、と、、、

タルトを中心に
こだわりのスイーツが豊富に並ぶ洋菓子店。
a0259398_21562644.jpg







a0259398_22243443.jpg
a0259398_21565212.jpg
a0259398_21563121.jpg






ここでは、たぶん、、、金沢では初めての
New york発! HARNEY & SONS の
紅茶をいただくことができます。
a0259398_21565953.jpg






好きなCUPを選べるのもうれしい♪
a0259398_21563669.jpg






a0259398_21564211.jpga0259398_2221734.jpgダージリンと、
旬真っ盛りの
あまおう たっぷりのせタルト。







大好きな紅茶と
美味しいスイーツをいただくと、、、

私もすっかりお菓子の魔法にかかってしまったようで、
最近の気がかりな,,,心のもやもやも次第に薄れて
自然に笑顔になっていく自分を感じているのでした。
a0259398_2157237.jpg

魔法がとけたら
また、訪れましょ♪
[PR]
by pine-no-asioto | 2014-02-28 23:55 | おいしいもの | Comments(6)

1月の紅茶レッスン。

あさっては、St. Valentine's day。
先月の seasonal tea lesson は、
それに因んだテーマ  ”チョコと紅茶のマリアージュ”
a0259398_22204767.jpg





ウェルカムティーは、
チョコレートシロップ を使った チョコレートチャイ。
軽く温めた牛乳の泡をふんわりのせて。
a0259398_22205011.jpg





テーブルは、テーマに合わせて、シックなしつらえです。
a0259398_22205332.jpg



a0259398_22205682.jpga0259398_22205874.jpg
スイーツは
ラトビアの有名チョコレートメーカー
Laimaのチョコウエハース。
バルト3国のスイーツ、
とても珍しいものをいただきました。



チャイをいただきながら、
カカオから作られるチョコレートの工程や、
歴史など色々と教えていただきました。

ミントン の アンティークなチョコレートカップ(1873年)は、
チョコレートドリンクが冷めないように背が高く作られていて、
細長いカップをよりスマートに持ち上げられるようにハイハンドルになっているのだとか。
美しいフォルムにうっとりです。
a0259398_22205525.jpg







紅茶とチョコレートを合わせてみましょう!ということで、
カカオ分の違うチョコと紅茶を味わいながら
相性について考えてみました。

チョコレートは、サンニコラさんの タブレットダーク。
カカオ分が80,70,61,41%のものと
a0259398_2221098.jpg





紅茶は、ウバ、アッサム、ダージリン の3種で。
a0259398_2221369.jpg
人それぞれに、
感じるマリアージュ。
なるほど。。。






バレンタインディ当日は、
マイチョコとお気に入りのダージリンで
いただくとしまーす♪
a0259398_2221685.jpg

[PR]
by pine-no-asioto | 2014-02-12 22:27 | レッスン | Comments(4)

Lesson × Lesson.

10月のSEASONAL TEA LESSONは、
ティータイムのお菓子を焼きましょう~ということで、

Let's Bake!
a0259398_22373171.jpg

イギリスから取り寄せたサンドウィッチ・ティンと呼ばれる
薄くスポンジを焼くための型を使って
イギリスの伝統的なケーキ、
ヴィクトリアン・サンドイッチを焼きました。





スポンジにジャムを挟んだだけのシンプルケーキ。
ジャムは、定番のラズベリー。
a0259398_22373657.jpg






粉糖を振ったら、出来上がり♪
a0259398_22373915.jpg







お好みの量にカットして、
a0259398_22374111.jpg






いただきましょ♪
a0259398_22371666.jpg







a0259398_22374548.jpg







a0259398_22372192.jpga0259398_22375778.jpg

紅茶は、こちらもイギリスからお取り寄せした日本未発売の
エリザベス女王戴冠60周年記念のオフィシャル紅茶と
ロイヤルベビー誕生記念の紅茶。
パッケージには、赤ちゃんのガラガラや
コウノトリ、乳母車などが描かれています。






a0259398_22373220.jpg

ヴィクトリア・サンドイッチ、、、
周りはカリッと芳ばしく、中はしっとりとして美味しかったです。
簡単に作れるので、我が家でも Let's Bake !!





午後からは、Cozy Flower Salonにて
パリスタイルのプリザーブドフラワーアレンジメントのレッスン。

色、形、大きさの違うバラ、アジサイなどを
大量の素材の中からイメージしたものをチョイス。
パリスタイルらしく、風を感じるように
穂状の枝葉ものをあしらってアレンジしました。
a0259398_2238135.jpg

プリザは、生花のような繊細でキレイな風合い・質感を
長い間保つことができるので嬉しいですね♪


シックなプリザのアレンジをリビングに飾って
インテリアを秋らしく。。。

イギリスのお菓子はシンプルだから
家事の合間にサッと焼いて、
秋の夜長に美味しい紅茶と、
ゆっくりとした時間を楽しみたいですね。。。
[PR]
by pine-no-asioto | 2013-10-23 23:50 | レッスン | Comments(2)

9月の紅茶レッスン + ...

9月。
すっかり日が暮れるのが早くなりました。
秋の夜長は、、大好きな紅茶を淹れて、
ゆったりとした時間を過ごしています。

今月のseasonal tea lesson のテーマは、
「スリランカの紅茶」

一年を通して紅茶が生産されているスリランカ。
特有の地形と気象条件によって、中南部の山岳地帯を取り巻くように
ウバ、ディンブラ、ヌワラエリアといった有名茶園が点在しています。
それらの紅茶を飲み比べてみました。
a0259398_2157370.jpg
標高差、方角、季節風、雨など、様々な条件によって育まれる茶葉は、
全く異なった味わいなのです。
それらを知ることで、さらに味わいが深まりますね。





a0259398_21571373.jpg








a0259398_21571853.jpga0259398_21572241.jpg
紅茶のお供は、
石川県産高級ブドウ、
ルビーロマンの
コンフィチュール。
限定発売後、
即完売したという
貴重な1瓶をバゲットに
遠慮しながらたっぷり塗って。
芳醇な味と香り、
果肉感もあって
美味しかったです。
(写真を撮り終えてから、
 さらに、塗っております・笑)



***********************************************************


WATANABEYA!

美味しい!と噂を聞いて、
気になっておりました。

教室から歩いて2分、
尾山神社のすぐそばにあるパンとお菓子のお店。
青い屋根にオレンジの壁のポップな外観。
ちょっと奥まった場所だけど、
すぐに見つけることができました。
a0259398_21572786.jpg





友人オススメの蒸しパンをアレコレ買って♪
a0259398_21573047.jpg
40時間じっくり発酵させた生地の中には、具材がゴロゴロ入って美味しい~♪
また、買いに行こう~





この日は、ぬけるような青空。
こんな気持ちのいい日は、プチドライブしましょ♪
a0259398_21573546.jpg





獅子吼高原にある もく遊りん へ。
a0259398_21574564.jpg





自然に包まれた森のレストラン。
緑のガーデンを眺めながら、
a0259398_21574842.jpg





ランチタイム。
a0259398_21575287.jpg






木漏れ日と、爽やかな風、木の香り、、、
癒しの空間でたっぷり深呼吸して来ました。
a0259398_215758100.jpg

[PR]
by pine-no-asioto | 2013-09-26 00:05 | レッスン | Comments(4)

5月の紅茶レッスン。

5月。木々を抜ける風は、初夏の香りを運んできます。
芽吹き始めた木々の緑も眩しくて。
とても気持ちが良くて、最も好きな季節です。
a0259398_19253391.jpg





紅茶教室のテーブルは、イエローを中心とした清々しいコーディネイト。
eri先生の季節の設えは、いつも素敵でうっとり。
a0259398_19253728.jpg






今月のアレンジティーは、
紅茶に大輪の花に見立てた
オレンジのスライスが浮かぶインド生まれのシャリマティー。
a0259398_19254447.jpg
インド・カシミール地方にある
釈迦が修行したと伝えらる花園の名前’シャリマ’が由来なんです。






5月のテーマは、「フレーバードティー」
フレーバードティーとは、乾燥茶葉に香料やドライフルーツ、
花びら、スパイスなどを加えて香り付けしたもののこと。

フレーバードティーの代表格、アールグレイと
アールグレイをベースにブレンドされた紅茶を飲み比べてみました。
a0259398_19254836.jpg
左から、
トワイニング クオリティーアールグレイ(日本国内流通品) 
トワイニング アールグレイ(イギリス国内流通品)
トワイニング レディーグレイ(日本国内流通品)
A.C.パークス 王妃のブレンド(デンマーク)

クオリティーアールグレイは、さらっとして、すっとした味わい。
イギリス流通のアールグレイは、スモーキさが強く、余韻が残る感じ。
同じブランドのアールグレイでも違うものですね。

紫色の矢車草をブレンドしたレディーグレイは、
オレンジ、レモンピールも入って爽やかな味と香りが広がります。

緑茶ガンパウダーをプラスしたユニークなブレンドのACパークス王妃のブレンドは
とてもグリニッシュな味わい。
a0259398_19255240.jpg









a0259398_19255977.jpga0259398_19255648.jpg



飲み比べには、
イタリア シエナの名物お菓子
リッチャレッリとともに.







フレーバードティーには、
アールグレイのように、茶葉に香料を吹き付け撹拌する噴霧法のもの、
ジャスミンティーのように、茶葉が香りを吸収しやすい性質を生かした吸着法のもの、
ティーバッグに主に用いられる茶葉に顆粒状の香料フリスをミックスしてあるものなどがあります。

そのフリスとは? ということで、ティーバッグを解体して中を見てみました。
a0259398_1926343.jpg

茶葉の中の白い粒を一粒口に入れてみると、
アップルの味と香りが広がります。
これがお湯に溶けて、アップルティーになるのですね。







a0259398_1926679.jpga0259398_1926954.jpg
そして、
最後の一杯は銀の芽紅茶店の
オリジナルフレーバードティー、
TEA&Herb Blend ROSE 
をいただきました。
バラの花びら、カモミール、
ローズヒップなどのハーブが
惜しみなくブレンドされた
とてもエレガントなブレンドティー。









翌日の母の日にちなんで、
London Cupcakesさんののバニラ&ラズベリーの
母の日バージョンとともに。
a0259398_19261217.jpg



フレーバードティー、、、紅茶の世界が無限に広がりますね。






*******************************************


紅茶教室の後は、
Draw Gardenさんの
Mother’s Day ブリザーブドフラワースクールに参加してきました。
友人がお手伝いしているので、冷やかしに。。。笑
a0259398_1926149.jpg






a0259398_1926244.jpg






ミニミニアレンジ、どっちのお母さんにあげようかしら。。。
a0259398_1926235.jpg

[PR]
by pine-no-asioto | 2013-05-15 22:31 | レッスン | Comments(2)

4月の紅茶レッスン。

桜の季節が足早に過ぎ去ると、
春の色とりどりの花が咲き始めます。
a0259398_22272450.jpg
先日訪れた菜の花畑。
キイロ、キイロ、キイロ。
一面のビタミンカラーに元気をもらって来ました。




4月の SEASONAL TEA LESSON のテーマは、「ティーカップの選び方」
a0259398_22273574.jpg





テーブルには、マイセン、フッチェンロイター、
ロイヤルデルフトなど、様々なメーカーのカップが並びます。
a0259398_22274085.jpg
その中から好きなカップをひとつ選んで、
今日はそれがマイカップ。





私は、ヘレンドのアボニーグリーンをチョイス。
インドの花をイメージして描かれた鮮やかな緑にとても惹かれました。
a0259398_22275422.jpg



ティーカップは繊細な紅茶の香りを引き立てるため、口が広く作られていて、
口に当たる部分が薄い方が繊細な風味を感じやすくなるのでより薄作りの磁器がおすすめとのこと。
紅茶は、色も楽しみの一つなので、中が白いものがよいのだとか。




今日の一杯目は、
今年初出荷、縁起物のダージリンファーストフラッシュ。
a0259398_2228392.jpg






春摘みのダージリンは、
若葉のようなフレッシュな香りと、きりっとした渋みがさわやか。
マイカップに注ぐと水色(スイショク)は、薄いオレンジ色。
a0259398_2228932.jpg






白いカップといっても、その白さは様々。
発色の違いを比べてみました。
a0259398_2228623.jpg
かなり違うものですね。
違いを知っていると、
紅茶とカップの相性までをも考えて使いこなすことが出来るんです。





2杯目。
今日のアレンジティーは、ハニーレモンティー。
2~3ミリのごく薄いスライスに
a0259398_22281310.jpg





はちみつを入れたら、
a0259398_2228173.jpg





紅茶を注いで出来上がり。
紅茶は渋みや癖の少ない、
水色が明るい赤を選びます。
強いレモンの風味とけんかせず、
発色がよくなるから、、、とのこと。
a0259398_22282053.jpg

レモンを薄くすることで、入れっぱなしでも苦味がでず、
時間の経過とともにフルーティさを楽しむことのできるアレンジティーです。

Eri先生コレクションの素敵なカップを見せていただいたら、
ウズウズ、、、買い物の虫が騒ぎだしましたよ。。。
[PR]
by pine-no-asioto | 2013-04-24 22:58 | レッスン | Comments(12)

3月の紅茶レッスン。

ここ数日、風は冷たくて、まだまだ肌寒い日が続いております。
それでも、桜の枝は、ぷっくりとした蕾をつけ始め、
木々はほんのりピンク色になってきました。

3月の SEASONAL TEA LESSON は、
「春のティータイムを楽しみながら」がテーマ。
a0259398_11716.jpg




教室は桜色に染まり、
テーブルの上は、桜がいっぱい。
ドイツ製の桜模様のナプキン。
a0259398_11765.jpg






Eri先生お手製のテーブルマットには、
桜の花びらが舞い散っておりました。
a0259398_117962.jpg





ウェルカムドリンクは、”いちごのティースカッシュー”
a0259398_1171323.jpg
ヨーグルトなどにかけるイチゴソースにアイスティーを注いで、
炭酸水を加えていちごとミントを飾ったら出来上がり。
忙しいパーティなどでもすぐに用意できる簡単レシピです。




日本では、もうそろそろ露地物のいちごが出回る頃。
甘味が強い旬のいちご、美味しいですね!

紅茶の国、イギリスでは6~7月が旬。
イギリスでいちごと言えば、ウィンブルドンのテニス大会。
シャンパンとイチゴを味わいながら観戦したことに由来するとか。。。
今でも、会場では、いちごに生クリームをたっぷりかけた
”ストロベリークリーム”が定番です。
a0259398_1171614.jpg





教室では、このように紅茶やイギリスに関する本を
持ってきて紹介してくださいます。
a0259398_1172296.jpg





a0259398_1172484.jpg

美しい街並み、緑溢れるガーデン。
いつかここで、紅茶を味わってみたい、、、なんて
想いを巡らせてみたり。。。




2杯目のレッスンは、
お菓子と紅茶の食べ合わせについて。
洋菓子、和菓子、それぞれに合う紅茶を学んで、
実際に、和菓子と紅茶をいただいてみました。
a0259398_1172726.jpg
羊羹を切ると、中からさくらが現れる「春響」を、、、




ウバを薄めに淹れたさくらの紅茶とともに。。。
a0259398_1172997.jpg


桜づくしのティータイム。
桜の花を愛でながら、いただきたいですね♪
[PR]
by pine-no-asioto | 2013-03-30 23:50 | レッスン | Comments(8)

7月の紅茶レッスン

今月のSEASONAL TEA LESSONは、
暑い日にヒンヤリ美味しいアイスティー。
a0259398_2301569.jpg




ウェルカムティーは、
ダージリンファーストフラッシュの水出しアイスティー。

水出しは、渋味が出にくく、お茶の旨味、甘味がよく引き出されてまろやかなお味。
日本茶にも似たこの紅茶は、和菓子がとても合うのです。

「うら田」さんの上生菓子・あじさい と一緒にいただきました。
透明なブルーがとても涼しげで、美しいです。
a0259398_230419.jpg




2杯目は、アイスティーでは最もポピュラーなオン・ザ・ロック式アイスティー。
濃く入れた紅茶を氷で一気に割る方法です。

3杯目は、2度取りアイスティー。
少な目の茶葉で長く蒸らして、2回漉して作ります。

アイスティーを美味しく美しくいれるには特に茶葉に含まれるタンニンに注意が必要だということ。
タンニンが原因で起こるクリームダウン(白濁してしまうこと)を防ぎたいからです。




4杯目のアレンジティーは、ミルキーウェイ。
a0259398_231462.jpg


ちょうど、レッスン日が七夕なのもあって、
金平糖を夜の星のきらめきに、
牛乳を天の川に見立てて
金平糖、 ミルク、ティーの3層のアイスティー。
ガムシロの比重を利用したアレンジです。
a0259398_2313217.jpg

紅茶で七夕を表現できるなんて、、、素敵ですよね。
[PR]
by pine-no-asioto | 2012-07-08 22:55 | レッスン

ジャックラッセルテリア・ ・ ・ pine のあしおとが聞こえる日々の暮らしのphoto diary.


by pine-no-asioto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31